中高年の転職情報

キャリアを活かす中高年の転職サイト

中高年の転職はマイナスに見られないための工夫を

 中高年の就職活動は若い頃よりもどんどん難しくなってきます。ですので中高年の方が転職活動を行う際には、プラスを増やすことも必要になってきます。採用したいと考えさせる人材だと証明できれば、自分の行きたい仕事に就くことも可能です。

 

 しかしプラスだけを追い求めて、マイナス側の印象を与えてはなりません。マイナスの印象を与えてしまうと、幾らプラスをつぎ込んでも取り返せないことがあるのです。

 

 転職をするための面接でも、マイナスの印象を与えないことが必要となります。自己アピールをすることも大切ですが、それが企業側にとって嫌な印象を与えてしまうこともあるのです。無難に進めなければならない部分も出てきますので、その都度対応できるようにしておきましょう。

 

 現実的な部分を企業側は求めています。だからこそプラスの印象よりも、マイナスの印象の方が残りやすいのです。そのため悪い部分をとにかく見せないで、所々で良い印象を与えて行くように考えなければなりません。それができれば、面接後に採用される確率は高くなります。

 

 これは履歴書の書き方も同じです。自己アピールを誇張した結果、企業側から印象が悪くなってしまうこともあります。履歴書は無難に仕上げつつ、個性を出していくことが大切になります。それができれば、書類選考で落とされるようなことはありません。

 

 現実を考えて面接に臨むということも大切です。今の時代は無難に使える社員を求めており、悪い印象を与えないことが必要になってくるのです。良い部分はある程度見せつつも、無難に仕上げることも缶気無ければなりません

 

 

お役立ちサイト
フリーターから就職を目指す
フリーターの就職で悩んだら見て下さい。


 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ