面接時の年収交渉はするべきか

面接時の年収交渉はするべきか

 転職において、年収額は決定要因の大きな要素のうちのひとつとなるでしょう。年収額については、よく応募条件には、○○円以上、経験に応じて相談…などといった記載がされていることが多いですが、実際に年収交渉をしてもよいものか、印象を悪くしないか…などと、躊躇してしまうこともあるでしょう。


 結論から言うと、年収交渉はしたほうがよいです。基本的に、○○円以上、という記載になっていて、特に交渉しない場合はその金額のまま進行してしまう可能性が高いです。

 

 しかし、とりあえず駄目もとで設定金額を高くし交渉する、といったスタンスですと逆に採用の面接可否にまで影響してしまいます。ある程度、交渉する時期とポイントを抑えることが大切です。

 

 まずは、一時面接でいきなり希望金額などの話をするのはNGです。二次面接・最終面接の段階で、ある程度自分の経歴やキャリアを先方にわかってもらった上で交渉しましょう。

 

 そして、理由の無い交渉はもちろんNGです。業務未経験ですが頑張りますので年収をあげて下さい…などもってのほかです。はたして交渉する金額が妥当なのか、世間の相場などを調べておく必要もあります。

 

 企業にとっても、面接については慎重になっています。金額交渉の話に応じてくれそうであれば、それだけ欲しい人材であるということです。人生の重要な転機である転職を後悔しないよう、適正な交渉をしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ