募集している年齢を超えている人の転職活動

募集している年齢を超えている人の転職活動

現在において多くの企業が求人を出す時に年齢制限を定めることは禁止しているが、それでも多くの企業では、年齢を制限した採用にこだわっている所が多いです。法律において、例外として年齢制限を設けて良いケースもあるので、実質的には年齢制限を定めている意識を持って転職活動を行います。

 

中途の求人の広告には、30歳ぐらいまでなどといった年齢を条件として、応募資格に年齢を記載している場合も多いです。年齢において、応募の資格に記載している年齢を超えていても応募できないことはないが、条件よりも超えている分の年齢に関しては、超えている分だけ年下の応募者よりも知識や経験の面で採用担当者により具体的なアピールが必要になってきます。また、年齢が上である人は、採用となったとしても会社の年下の先輩と上手くコミュニケーションをとって、業務を円滑にできる能力も求められます。

 

参考情報
40歳が転職するコツ
40歳の方でも転職のチャンスはある

 

キヤノン:キヤノン株式会社 採用情報

 

志望している企業があったとして、年齢が求人に関する応募の条件より超えていても、明朗な転職活動と面接を受ける気構えを持つ必要があります。企業が年齢制限を設ける理由はさまざまであるが、共通しているのは業務を円滑にするために同じ世代の人とチームワークが保てるようにするためです。同世代の人を対象にして、年齢制限を設けている場合が多いです。必要とされるのは、どんな人とも対応できる柔軟性と協調性が必要です。年齢が超えていれば積極性があって、仕事の能力の万全な点を具体的に納得させます。

ホーム RSS購読 サイトマップ