なぜ他社の応募状況を面接官は知りたがるのか

なぜ他社の応募状況を面接官は知りたがるのか

面接官は志望動機の妥当性を気にしている

 転職の面接を受けていると、他社の応募状況を聞かれることがあります。応募状況を聞く理由として、もっとも大きいのは、志望動機が妥当かどうか確かめたいから、というものです。もし、その会社の業務内容に非常に近い会社ばかりを受けていれば、かなり業界を分析しており、また自分のやりたいことも明確化できていると面接官は判断します。逆にあまり関連性の無い会社ばかりを受けているようなら、本当に自社の魅力や業務内容を理解しているのか面接官は疑いを持ちます。

 

志望順位も知りたがっている

 また、志望動機だけでなく、志望順位も面接官は知ろうしています。自社よりも人気の高い会社ばかりを受けていれば、もし採用を決めても他社を選んでしまう可能性があると面接官は考えます。逆に自社より不人気な会社ばかりを受けているのなら、自社が第一志望と考えられるので面接官は安心して選考を進められます。

 

どう答えるべきか

 以上を踏まえると、応募状況としては、その会社とできるだけ関連度の高い会社、そして、その会社より志望順位の低い会社を答えるべきです。もしもその会社の志望順位がもっとも低い場合は、ぼかした回答をしておくのが賢いでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ